太陽光の日創プロニティ耐火パネル生産へ日本経済新聞

2013年01月12日 16:52

 日創プロニティは11日、2013年8月期の単独税引き利益が5億4千万円になりそうだと発表した。従来予想の8100万円を大幅に上方修正、前期比では36倍になる。昨年7月に始まった再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を追い風に太陽光発電パネル用架台の受注が好調で、売上高は前期比95%増の34億円を見込む。

 同社は独自加工で強度を高めた架台を生産。東京や大阪で営業人員を増やすなどして、メガソーラー(大規模太陽光発電所)や、太陽光パネルを屋根に設置できる工場・倉庫向けの営業を強化している。今期はこれまでにメガソーラー21件(出力計5万8600キロワット)の架台を受注した。

 エネルギー買い取り価格は現在1キロワット時あたり42円だが、4月以降は引き下げられるとの見方が多く、同社は新しい収益の柱を育てるため、春にも耐火パネルの生産を始める計画だ。

 

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO50518420R10C13A1LX0000/