市民と企業の力でメガソーラー | PROJECT DESIGN

2013年01月08日 14:56

政府が2012年7月からスタートした固定価格買取制度の追い風を受け、福岡でも太陽光発電の設置が進んでいる。

スマートシティを実現するうえでは、再生可能エネルギーの利用は欠かせない。太陽光発電ももちろん重要な電力源の一つとなる。

福岡県では、事業者向け融資・課税控除、住宅向け補助を行うほか、大規模太陽光発電(メガソーラー)の事業用地を公開。もちろん、県にとどまらず、各市町村も住宅太陽光発電を中心に助成行っている。

北九州市、市民発電所設置へ

取り組みが際立つのは北九州市だ。市制50周年の記念事業で、「誇りの象徴」「将来を担う子どもたちの夢や希望につながる」目玉事業として、市民発電所の建設へ動いている(2013年完成予定)。

事業予定地は2haの響灘地区廃棄物処分場用地。設置規模は1500kWで、発電電力量135万kWh、これは一般家庭約400世帯分の使用量に相当する。
 

http://www.projectdesign.jp/201302/pn-fukuoka/000372.php